fbpx

ブログ

スマート農業推進協会のブログ

一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(宮崎県児湯郡新富町、代表理事:齋藤潤一、以下こゆ財団という)は、地元農家、行政、起業家らがタッグを組み、ロボットやAIなど先進技術やサービスを開発するスマート農業の拠点「新富アグリバレー」を、2019年11月10日(日)に開設しました。

同日は開設を記念したイベント「スマート農業サミット in 宮崎」(主催:こゆ財団、できる.agri)を開催。町内の農業者を始め、行政、金融機関、農業ベンチャーら130名を超える多様な来場者が集まりました。会場では、株式会社ソラシドエアの髙橋宏輔氏による基調講演のほか、農業ベンチャー6社によるプレゼンテーション、多彩なゲストによるパネルディスカッションなどが行われました。

こゆ財団は同イベントにて「スマート農業推進協会」の設立を宣言。ビジョンに賛同する会員を募りながら、スマート農業の技術開発や人材育成に注力し、100年先まで持続可能な農業を実現する計画です。

■特徴:日本をリードする農業ベンチャーや農業者ら130人超が来場


「新富アグリバレー」は、スーパーの空き店舗を改装した農業ベンチャー特化型のコワーキングスペースです。11月10日(日)に開催された「スマート農業サミット in 宮崎」は、ここを会場として開催しました。農業ベンチャー各社は事業紹介用のブースも開設。イベント終了後も来場者が質問に訪れるなど、会場は終始熱気に包まれました。

※以下、敬称略
<概要とスケジュール>
日時:2019年11月10日(土)
会場:新富アグリバレー(宮崎県児湯郡新富町富田東1-47-2)
13:30 開会挨拶・概要説明
13:50 基調講演
14:20 スタートアッププレゼンテーション&トークセッション
16:10 交流会
17:00 終了

<基調講演>
髙橋宏輔/株式会社ソラシドエア 代表取締役社長

<プレゼンテーション>
①下村豪徳/株式会社笑農和 代表取締役
②中島慶人/株式会社ファーマーズ・ガイド 代表取締役社長
③持田宏平/株式会社セラク みどりクラウド事業部事業部長
④坪井俊輔/Sagri株式会社 代表取締役社長
⑤古賀勝巳/株式会社SenSprout マネージャー
⑥長岡康生/株式会社ヴァカボ 代表取締役

<特別ゲスト>
上原郁磨/SBテクノロジー株式会社 公共事業部 副事業部長 リデン株式会社 代表取締役
村岡浩司/一平ホールディングス 代表取締役社長
井出寿利/株式会社ファームオーエス 代表取締役
菱木豊/inaho株式会社 代表取締役
秦裕貴/ネクストテクノロジー代表
福山望/新富町アグリテック農家
猪俣太一/新富町アグリテック農家

背景:進む農家の高齢化。スマート農業は開発・実装が急務


農林水産省 未来投資×地方創生検討会の資料「スマート農業の展開について」(2019年4月)では、農業の競争力強化のためには「スマート農業」の開発・実装が急務であると示されています。

背景には、基幹的農業従事者の高齢化があります。同資料における65歳以上の期間的農業従事者の割合は、フランスの3.0%(2015年)、オランダの9.2%(同)などの主要国と比較しても、日本は64.6%と突出して高い状況です。

こうした状況をふまえ、こゆ財団では担い手不足を補うだけでなく、データを活用した農業を実践することで高効率化、収量向上にチャレンジしようと、若手農家や農業ベンチャーによる「儲かる農業研究会」を2018年6月に発足。高専との共同研究を重ねながら、スマート農業の実装に取り組んできました。

「新富アグリバレー」は、そうした地域の基盤に新たな農業ベンチャーを誘致し、技術と人材を集積するための取り組みです。

今後の展望:「スマート農業推進協会」設立。2020年2月には東京でのサミット開催も予定

こゆ財団は、「スマート農業サミット in 宮崎」において、100年先まで持続可能な農業を実現するという趣旨に賛同する企業・団体の組織「スマート農業推進協会」の設立を宣言しました。

同協会には、2019年11月14日時点で7社の入会が決定。コワーキングスペース「新富アグリバレー」において、スマート農業事業の情報発信、事業者間の交流・連携、採用支援などを実施します。また、2020年2月には「スマート農業サミット2020 in 東京」の開催を予定。2019年11月中に入会を完了した事業者にブース出展と登壇機会を提供します。

同協会は会員企業100社を目標に活動。事業者間や自治体、他分野との連携を加速し、農業分野で活躍するIT人材の育成、AIやロボットといった技術の研究開発に取り組みます。

お知らせ一覧